職人に学ぶ伝統工芸、日本の和アート。漆工(しっこう)職人集団の古一(こいち)漆工。

お申込み
お問合せ
アクセス
こぼれ話

漆の色

黒、赤、それ以外にも

今回は「匠工房 こいち」の中で知ったこぼれ話を持ってきました*゚▽゚)ノ シュッ≡≡≡≡≡📒

漆といえば、皆さんは何色を想像しますか? すでに答えを書いてしまっているような気がしますが、やはり黒や赤ではないでしょうか?(ㆆ ㆆ ).。oஇ 「漆黒」という言葉があることからも、漆≒黒のイメージが世の中では強いのではないかな? と思います。

ところが、実は漆には黒や赤以外の物もあります✨ 漆を取り扱う問屋さんには、「色漆」という商品の取り扱いがあります。それらを用いることで、黄色や緑色、青色、桃色など、黒と赤(朱)以外の色を塗ることができます! まるで絵の具のようですね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°もちろん上記以外の色もありますよ! なんと、白い漆もあるそうです!
サムネイル画像のガラスのキャンドルホルダーには、この「色漆(ガラス用)」で色を塗ったうえで蒔絵を施しています。伝統工芸教室向けに、試作で製作されていたもののお写真を許可をいただきお借りしてきました(*- -)(*_ _)
ありがとうございます!

現在実質ブログ担当の私(ノ)・ω・(ヾ)ですが、漆塗りに関してはこの「匠工房 こいち」の中で一番素人の新人です。ですので、漆と言えば黒と赤! と、思っていました。色とりどりの漆が存在すると知ったのは、ここ最近になってからです。
漆に携わる皆さんにとっては、もしかすると周知の事実かもしれませんが、漆に関わり始めたばかりの私には衝撃的な情報でした! こんなにも様々な色味の漆がたくさんあるのなら、漆を用いて絵の具のようにカラフルな塗装もできそうですね! 🌈ゲーミング🌈漆塗装も夢じゃない…!?


重ねて同じ話になってしまいますが……前回の記事で日本画教室の本格的な開講と漆塗り・蒔絵教室の無料体験について書きましたね! この漆塗り・蒔絵無料体験の内容案として試作したものが、サムネイル画像のものです。↓↓
お花がたくさんで可愛らしいです( *´艸`) たくさん見てほしいのでもう一度載せます(*”▽”)(※ホームページ担当が作ったわけではない)

開催日程や詳しい内容などは、近々お知らせできるかと思います。今後とも匠工房こいちの伝統工芸教室をよろしくお願いします!

関連記事

PAGE TOP